コンテンツにスキップする

米政権のTikTok排除、バイトダンスが地裁に仮差し止め訴え

更新日時
  • ティックトック米事業を巡る取引、承認の期限は今週末
  • 仮差し止めなければ回復不能な損害とバイトダンスは主張

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は、トランプ政権が計画する米アプリストアからの排除に対し、ワシントンの連邦地裁に仮差し止めを求めた。

  ティックトック米事業を巡る取引は今週末が承認の期限となっており、承認されなければ、8月6日のトランプ大統領の大統領令に基づき事実上、米国での使用が禁じられる。

米政府、TikTokアプリ禁止措置を27日に延期-前向きな進展で

  米政府は19日、ティックトックを米国のアプリストアから削除するようアップルやグーグルに義務付ける商務省の禁止措置を延期していた。バイトダンスは、同禁止措置が発動する現地時間27日午後11時59分より前に審理が行われるよう求めている。

  商務省にコメントを求めたが、今のところ返答は得られてない。

  バイトダンスは訴状で、ティックトックは「刻々と変化する米政府の要求や、国家安全保障上の懸念とされる点を満たそうと並々ならぬ努力を重ねてきた」と主張。「仮差し止め命令が出されなければ、8月6日の大統領令と禁止措置は原告に回復不能な損害をもたらす」と訴えている。

  中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」も同様の禁止令に直面しているが、サンフランシスコの連邦地裁は19日、言論の自由を侵害するとしてこの措置を訴えたユーザー団体の主張を認め、仮差し止め命令を出していた。

参考記事
米政権は「ギャング」-中国メディアがTikTok巡る提案を非難
オラクルのTikTok提携案に疑問符、トランプ氏や中国側の発言で

原題:TikTok Owner Asks U.S. Court to Temporarily Block Trump Ban (1)(抜粋)

(3段落目以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE