コンテンツにスキップする

BNP、スイスの商品取引ファイナンス事業閉鎖へ-セクターから撤退

  • ジュネーブ在勤の従業員120人が影響を受ける可能性
  • 商品取引ファイナンスの不祥事、大手銀行に90億ドル超の潜在的損失

仏銀BNPパリバはスイスの商品取引ファイナンス事業を閉鎖し、かつて支配的な立場にあった同セクターから撤退する。

  BNPが22日遅くに発表したところによれば、ジュネーブに勤務する従業員最大120人が影響を受ける。同行は少なくとも今夏から商品取引ファイナンス事業の閉鎖を検討していたと、事情に詳しい関係者がブルームバーグに語っていた。

  BNPが商品取引ファイナンスを縮小し始めたのは2014年、米国の制裁措置に違反したとして89億ドル(約9360億円)の罰金を科されて以来だった。ブルームバーグ・ニュースは先月、同行が欧州・中東・アフリカ(EMEA)の商品取引ファイナンス業務への関与を見直す過程で新たな取引を停止したと報じた。

  シンガポールの燃料取引会社ヒン・レオン・トレーディングが今年、原油価格の暴落を受けて破綻した際、複数の銀行が商品取引ファイナンスへの投資を縮小した。このほかにもシンガポールを舞台に複数企業による不祥事が起きるなど、商品取引ファイナンスを巡る問題が世界的な銀行にもたらした潜在的な損失はすでに90億ドルを超えていた。

関連記事
欧州の銀行、商品取引ファイナンスから撤退や事業見直し相次ぐ 
BNPが商品取引ファイナンス業務見直し、新たな取引を停止-関係者

原題:BNP Shuts Swiss Commodity Trade Finance Team Amid Frauds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE