コンテンツにスキップする

ウェルズCEOがSNSで炎上、採用に適材の黒人「限られている」

  • 黒人の人材は非常に限られているというのが残念な現実-シャーフ氏
  • 「黒人の従業員を採用する能力がないのだろう」と米議員が批判

米銀ウェルズ・ファーゴのチャールズ・シャーフ最高経営責任者(CEO)は、人種的マイノリティーには適材が十分にいないため、従業員の多様性の目標を達成できないと発言し、ソーシャルメディアで炎上している。

  発言があったのは今夏のバーチャル会議で、複数の黒人従業員が憤慨していたと、ロイター通信が会議に出席していた2人を引用して報じた。

  シャーフ氏は6月に社内文書で、「言い訳に聞こえるかもしれないが、採用できる黒人の人材は非常に限られているというのが残念な現実だ」と説明した。ロイターはこの文書を確認した。

  これを受け、民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(ニューヨーク州)は、「黒人の従業員を採用する能力がないのは、恐らくウェルズ・ファーゴCEOの方だろう」とツイッターに投稿し、同CEOを批判した。

  シャーフ氏は発言は誤解されたと謝罪し、「金融業界と当行は米国における人口の多様性を反映していない」との声明を発表。「当行は変化を促し、多様性と包括性を向上させることに全力を尽くす」と表明した。声明はウェルズがツイッターに投稿した。

  ロンドン在勤のウェルズ・ファーゴ担当者にコメントを求めたが返答は得られていない。

Wells Fargo CEO Charles Scharf Testifies Before The House Financial Services Committee

チャールズ・シャーフCEO

原題:Wells Fargo CEO Draws Fire for ‘Limited’ Black Talent Comment

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE