コンテンツにスキップする

米政権は「ギャング」-中国メディアがTikTok巡る提案を非難

Prepare to be manipulated.
Prepare to be manipulated. Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Prepare to be manipulated.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業を巡り米オラクルが示した提案について、中国の国営メディアはトランプ米政権の圧力で作られた合意であり「汚れた、ずるい手口」だと非難した。

  中国英字紙チャイナ・デーリーは23日の論説で、「米国がティックトックに対して行ったことは、合法企業に理不尽で不公平な商取引を強いるギャングとほぼ同じだ」と論じた。

  共産党系の新聞、環球時報は22日、北京字節跳動科技(バイトダンス)に米事業売却を迫る米政府のやり方は「恐喝」だとウェブサイトに掲載した社説で批判。

  「中国は大国として、米国による恐喝を受け入れない。中国の優れたハイテク企業の支配権を恐喝により譲り渡すこともない」とし、「これら中国企業を米国の意のままに解体させる訳にはいかない」と主張。「われわれは米国のいじめやギャングのような理屈と断固戦う覚悟がある」と表明した。

原題:China State Media Blasts U.S. for ‘Extortion’ in TikTok Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE