コンテンツにスキップする

自販機で中古車売るカーバナの経営者親子、コロナ禍逆手に資産急増

  • オンライン中古車会社カーバナ、過去最高の売上高と利益率を予想
  • カーバナの株価は22日に31%上昇、四半期決算黒字化はこれから

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

巨大な自動販売機で車を販売する米新興中古車ディーラーのカーバナは2017年の株式公開以来まだ四半期ベースで黒字決算を発表していないが、同社大株主のアーニー・ガルシア2世と息子で最高経営責任者(CEO)のアーネスト・ガルシア3世は米国で屈指の金持ち親子となった。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、父の純資産は22日時点で150億ドル強、息子は64億ドルで、親子合計で214億ドル(約2兆2500億円)。

  カーバナの株価は、過去最高の売上高と利益率の見通し発表が好感され、22日のニューヨーク市場で31%急騰して終了した。年初来では150%近い上昇率。背景には新型コロナウイルスの感染拡大で米国民が家庭の必需品や娯楽サービス、そして中古車も次第にオンライン購入に切り替えてきていることがある。

  パイパー・サンドラーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏は22日の調査リポートで、「新型コロナ感染拡大を受け、消費者は中古車を求めるようになっている。カーバナはこのトレンドから主に恩恵を受けている」と指摘した。

  カーバナのウェブサイトによると、同社の顧客は1万9000台以上から希望の車を選び、最短10分で購入手続きを完了できる。買い手には、全米で十数カ所ある自販機に巨大なコインを入れて車を受け取る選択肢がある。同社の昨年の販売台数は約20万台で、売上高は39億ドルに倍増。今後は年間販売台数200万台のペースを目指す。

Carvana Sees Triple-Digit Growth Blitz Through Used Car Concerns

テキサス州フリスコにあるカーバナの自動販売機

フォトグラファー:Laura Buckman / Bloomberg

原題:Father, Son Used-Car Sellers Get $5 Billion Richer in a Day (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE