コンテンツにスキップする

S&P指数マネジャーがインサイダー取引、不正利益9500万円-米検察

  • 株価指数の構成銘柄変更が公表される数時間前に取引と検察
  • クイーンズ地区のすし屋でマネジャーを務める友人に内部情報提供か

S&Pグローバルのインデックスマネジャーがインサイダー取引に関与したとして、米検察当局は21日、このマネジャーを訴追請求した。株価指数の構成銘柄変更が公表される数時間前に行った取引で、90万ドル(約9500万円)を超える不正利益を上げたとされる。

  ニューヨーク市ブルックリン地区のセス・デュチャーム検事正代行によると、インハン・「ジェームズ」・ヤン被告は2019年4月ー10月、職務で得た非公開情報に基づき共謀者の証券口座で取引を執行した。検察当局と米証券取引委員会(SEC)はヤン被告の勤務先を明らかにしていないが、秘密情報を理由に匿名で語った関係者は勤務先がS&Pだと確認した。

  SECによれば、ヤン被告(27)はS&Pのシニアインデックスマネジャーとして資産価値600億ドル余りに相当する米国株指数を管理。指数委員会の協議や指数から追加・除外される可能性がある銘柄名などに通じていたという。

  S&Pは21日、ヤン被告を停職にしたとした上で、当局に協力していると説明した。ヤン被告の弁護士ジャン・ロスタル氏にコメントを求めて電話したが、今のところ返答はない。

  当局によると、ヤン被告はクイーンズ地区のすし屋でマネジャーを務める友人のユアンビアオ・チェン氏に内部情報を提供し、チェン氏は自身の口座でオプション取引を手掛けた。同氏は刑事訴追されていない。

原題:
S&P Index Manager Charged With $900,000 Insider-Trading Scheme(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE