コンテンツにスキップする

テスラのマスク氏、強気なEV納車見通しを再確認

From

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは今年の納車が約30-40%増加すると見込んでおり、自動車メーカー各社が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の打撃からの回復に苦慮していた時期に示した見通しを再確認した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が22日の年次株主総会で明らかにした。

  マスク氏は「同業他社は後退しているが、テスラは伸びている」と述べ、 「当社の2020年の業績は実際、かなり好調だろう。パンデミックや山火事、生産面での多くの困難な問題を含め極めて難しい状況にもかかわらず、30-40%程度の成長になる公算が大きい」と語った。

  テスラはこれまで、2019年に比べて約36%多い50万台を今年納車する見込みを示していた。7月には、パンデミックを受けた生産停止でこの目標達成が「さらに難しくなる」との見通しを明らかにしていた。

原題:Tesla’s Musk Reaffirms EV Maker’s Bullish Deliveries Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE