コンテンツにスキップする

ゴールドマンやシティ、HSBCなどロンドンのオフィス復帰を停止

更新日時
  • ドイツ銀、バークレイズ、ソシエテも計画見直す
  • みずほ、ロンドンのオフィススペース縮小を計画

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため在宅勤務をジョンソン英首相が呼び掛けたことを受け、ゴールドマン・サックス・グループシティグループHSBCホールディングスなどの銀行が行員のロンドンオフィス復帰の計画を中断した。

  ゴールドマンはロンドンの従業員に可能ならばリモート勤務に戻ることを奨励した。ドイツ銀行とHSBC、シティは一部のチームのオフィス復帰を中止する。

  ただ、ゴールドマンとシティ、ドイツ銀はオフィスの閉鎖はしない。HSBCも一部のオフィスは開いているという。

  バークレイズソシエテ・ジェネラル、保険市場のロイズ・オブ・ロンドンは一部の従業員に在宅勤務に戻るよう指示したと、BBCが報じた。一方、 みずほフィナンシャルグループは新型コロナ収束後も一部のスタッフが在宅勤務を続けると想定し、ロンドンのオフィススペースを減らすことを計画している。

  ジョンソン首相は22日、制限措置を再導入するとともに在宅勤務を呼び掛け、国民1人1人が責任を果たさなければ「死者は大幅に増えるだろう」と訴えていた。

  

ゴールドマンはロンドンのオフィスに従業員を戻す計画を一時停止

出典:ブルームバーグ

  

原題:
Goldman, Citi, HSBC Halt U.K. Office Return on Johnson Plea (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE