コンテンツにスキップする

ドーバー海峡までトラック7000台列も-通商合意なき離脱の最悪ケース

  • ゴーブ内閣府担当相が国境の行き来に関係する業界宛ての書簡で警告
  • ドーバーとカレー間の貨物の流れは通常より最大80%減少する可能性

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

英政府は、欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)を締結できないまま、年末の離脱移行期間終了時に英国がEUの単一市場と関税同盟から抜ける場合に予想される混乱について、「合理的に想定される最悪ケース」シナリオでは、ドーバー海峡に臨むケント州で7000台のトラックの列ができるとの厳しい評価を明らかにした。

  ゴーブ内閣府担当相(国務相)は、国境の行き来に関係する業界に宛てた書簡で、英国とEUとの貿易の重要な動脈である英ドーバーと仏カレー間の貨物の流れが、通常の水準と比べ最大80%減少する可能性があると警告した。

  ゴーブ氏は22日付の書簡で、「2021年1月1日からEU加盟国が実施する管理に対し、貿易業者の準備が整っていないことが混乱の最大の潜在的要因だ。業者が今行動し、新たな手続きに備えることが不可欠だ」と指摘した。ブルームバーグ・ニュースが書簡の内容を確認した。

原題:U.K. Warns of 7,000-Truck Line in Worst-Case Brexit Scenario (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE