コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁、インフレ率平均2%前の利上げはあり得る

シカゴ連銀のエバンス総裁は22日、インフレ率が「平均2%になり始める前に利上げを開始することはあり得る。依然として協議しなくてはならない」と述べた。

  エバンス総裁は公的通貨金融機関フォーラム(OMFIF)のバーチャルイベントに出席。米連邦公開市場委員会(FOMC)が導入した新たな枠組みについて、インフレ目標の「平均が何を意味するのか、依然として協議の余地がある」と語った。

  財政政策による追加景気支援については「1兆ドル(約105兆円)までいかなくても、少なくとも5000億ドル程度の支援を想定して見通しを立てている」と発言。そうでなければ、リセッション(景気後退)がはるかに大きな影響を及ぼし始めるだろうと述べた。エバンス総裁は今年のFOMCで議決権を持たない。

関連記事

FOMC、少なくとも3年間は政策金利をゼロ付近で維持と示唆 (1)

FRB議長、より柔軟にインフレ対応-オーバーシュートを容認 (2)

原題:Fed’s Evans Says Recession to Worsen Without More Fiscal Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE