コンテンツにスキップする

トランプ米大統領が中国糾弾、ウイルス拡散の処罰求め-国連総会

更新日時
  • 国連は中国にウイルス拡散の責任を負わせる必要がある-トランプ氏
  • 新型コロナ抑制の取り組みを政治化すべきでない、習氏が反論

トランプ米大統領は22日の国連総会演説で、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的な大流行)となった責任を中国に負わせ、同国を罰するべきだと訴えた。中国に対する強硬な姿勢を米国の有権者にアピールした。これに対し、中国の習近平国家主席は反論した。

  トランプ氏は演説で、「ウイルス感染初期に中国は国内の移動を制限しておきながら、国外に向かう航空便は放置し、世界中に感染を広げた。中国政府および、事実上中国が支配する世界保健機関(WHO)は、人から人に感染する証拠はないと虚偽の宣言を行った」と主張。「国連は中国にこの責任を負わせなくてはならない」と断じた。この演説は21日にホワイトハウスで収録された。

  習主席はトランプ氏の後に放映された事前録画の演説で、名指しは避けながらも同氏の主張に異議を唱え、新型コロナに対する国際的な取り組みを「政治化するべきではない」と警告。「いかなる国も他者の困難から利益を得ることはできない」と述べた。

  中国外務省は23日発表した声明で、中国の新型コロナ対応を批判したトランプ氏に反対するとし、米国のリーダーが国連総会でうそをつき、政治目的で中国を根拠なく非難したと主張。また政治の駆け引きと一国主義をやめるよう米国に求めた。

原題:Trump to Assail China Over Virus in UN Speech Aimed at VotersTrump Assails China Over Virus in UN Speech as Xi Pushes Back、China Opposes Trump’s UN Speech Criticizing Its Virus Response(抜粋)

(最終段落に中国外務省の声明を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE