コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、8月は06年以来の高水準-価格中央値は過去最高

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した8月の中古住宅販売件数は高水準を維持した。低い住宅ローン金利や郊外物件への需要が、米経済の明るい側面となっている住宅市場の好調を引き続き支えた。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比2.4%増の600万戸
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値に一致
    • 2006年終盤以来の高い販売ペース
    • 前月は586万戸と速報値から変わらず
  • 中古住宅価格(季節調整前、中央値)は前年同月比11.4%上昇の31万600ドル(約3260万円)で過去最高
Lower borrowing costs continue to fuel U.S. sales of previously owned homes

インサイト

  • 8月の増加率は過去最大を記録した前月(24.7%)に比べ小さかったが、着実な市場拡大傾向に沿う水準
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 米議会が追加の景気対策措置を可決できなければ市場の「助けにはならない」が、金利が過去最低付近にあるため、住宅市場は「堅調を維持するだろう」
    • 「年末にかけてはさらなる販売増を見込んでいる。たくさんの買い手が控えている」
    • 「需給の不均衡により、近いうちに住宅取得に影響が出るだろう」;「価格上昇ペースが過度に高まれば、持ち家率が低くなるかもしれない。供給を保つのが重要なのはこのためだ」

詳細

  • 中古住宅の在庫は前年同月比18.6%減の149万戸
    • 前年比での減少は15カ月連続
  • 販売に対する在庫比率は3カ月
  • 8月の販売は一戸建て住宅が1.7%増、コンドミニアムが8.6%増
  • 販売は4地域全てで増加-南部は06年5月以来の高水準。西部は6カ月ぶりの高水準、北東部は3年ぶりの高い水準。中西部は06年終盤以来の高水準となった
  • 統計表

原題:U.S. Existing-Home Sales Increase to Fastest Pace Since 2006(抜粋)

(統計の詳細を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE