コンテンツにスキップする

イタリア政府、ウニクレディトにモンテ・パスキ株取得を打診-関係者

  • イタリア財務省とウニクレディト幹部が接触、政府保有株巡り
  • ウニクレディトCEO、資本的に中立でない取引は考慮しない姿勢

イタリア政府が保有するモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの過半数株式について、同国財務省がウニクレディトの幹部に取得への関心があるかどうかを探っていたことが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。

  非公開の情報だとして匿名を条件に述べた同関係者によれば、財務省とウニクレディトの間で非公式にやり取りが交わされており、財務省は政府が救済したモンテ・パスキの過半数株式を手放す手段の一つとしてウニクレディとの合意もあり得ると考えている。両者の協議は予備的な段階で、財務省は複数の選択肢を検討しているという。  

Unicredit SpA CEO Jean-Pierre Mustier Interview

ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエCEO

  ウニクレディトのジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)は、少なくとも資本的に中立で、法的なリスクから守られる取引でなければ検討しない意向だと、関係者の一部は語った。一方で、ウニクレディトはモンテ・パスキを吸収した場合について内部分析も実施したと関係者は述べた。

  財務省およびウニクレディト、モンテ・パスキの広報担当者はいずれもコメントを避けた。

原題:Italy Government Said to Sound Out UniCredit on Paschi Sale (3)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE