コンテンツにスキップする

台風12号が接近、25日にかけ暴風や大雨予報-東日本上陸の恐れ

更新日時

台風12号は日本の南を北上しており、前線の活動が活発になるため、西日本から東北地方の太平洋側を中心に25日にかけて暴風や大雨などに見舞われる可能性がある。

  気象庁の22日午後4時43分の発表によれば、台風は同日午後3時には日本の南の海上を時速約15キロで北へ進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径85キロ以内では、風速25メートル以上の暴風となっている。

  台風は24日から25日にかけて西日本から東北地方にかなり接近し、東日本に上陸する恐れがある。暴風やうねりを伴った高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意し、竜巻などの激しい突風や落雷に注意する必要がある。

  東京の23日午前6時から正午までの予報は、降水確率が60%。24日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、関東甲信地方や伊豆諸島、東海地方で200-300ミリとなっている。

  気象庁は22日午後5時過ぎに発表した東京都気象情報で、東京地方で24日には警報級の大雨や高波、暴風となる恐れがあるとしている。

(第5段落を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE