コンテンツにスキップする

米上院、最高裁判事候補の承認採決は選挙前の可能性-マコネル氏示唆

米共和党のマコネル上院院内総務は、18日に死去したギンズバーグ最高裁判事の後任としてトランプ大統領が指名する候補者について、上院が承認採決に向けて手続きを進める意向を確認し、採決が大統領選挙前に行われる可能性を示唆した。

  マコネル氏はトランプ大統領が要求している11月3日の大統領選までの承認採決は確約しなかったものの、候補者の承認には時間が不十分だとの見方は退けた。1975年のスティーブンズ判事の承認時にかかった日数は19日、ギンズバーグ判事も42日で承認された先例を挙げ、「上院には承認手続きを済ませる十分な時間がある。歴史と先例がまさにそれを示している」と述べた。

原題:McConnell Suggests Senate Could Hold Court Vote Before Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE