コンテンツにスキップする

TikTok、米政権を提訴-取引禁じる大統領令の差し止め請求

更新日時
  • 政治的理由からティックトックの禁止に動き、権限を逸脱したと主張
  • 「憲法修正第1条」が定める表現の自由の権利も侵害すると訴えた
TikTok Branding As Oracle Is Said to Win Deal For US Operations
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg
TikTok Branding As Oracle Is Said to Win Deal For US Operations
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と運営会社である中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は18日夜、ティックトックに関わる取引を禁じる米大統領令とそれに基づく措置の差し止めを求める訴えをワシントンの連邦地裁に起こした。

  TikTokとバイトダンスは訴状で、トランプ大統領が8月6日に署名した大統領令とそれに基づく措置について、米国への「並外れた特別な脅威」を阻止するためでなく、政治的理由からティックトックの禁止に動き、権限を逸脱していると主張。さらに「憲法修正第1条」が定める表現の自由の権利も侵害すると訴えた。

  訴状はまた、トランプ政権の行為が「数百万の米国人が自己表現のために集うオンラインコミュニティーを破壊するものだ」と指摘し、米商務省は米国人利用者のプライバシーとセキュリティーに対するティックトックのコミットメント(積極的な関与)を示す証拠を「無視」していると申し立てた。

  ホワイトハウスにコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:TikTok Sues Trump Administration to Block U.S. Ban(抜粋)

(訴状の内容などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE