コンテンツにスキップする

米最高裁判事後任、早期承認目指す上院共和党-バイデン氏は選挙後主張

  • 保守派が後任なら最高裁判断の傾向が今後数十年固定される可能性
  • トランプ氏が指名したバレット連邦高裁判事が現段階の最有力候補

米連邦最高裁のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が死去したことを受け、共和党のマコネル上院院内総務は18日、トランプ大統領が指名する後任判事の上院での承認手続きについて日程調整に入る考えを表明した。

  トランプ大統領が保守派をさらに送り込むことになれば、最高裁判断が保守寄りとなる傾向が今後数十年固定される可能性がある。

  トランプ氏が指名したエイミー・コニー・バレット連邦高裁判事が、現段階の最有力候補という。

  前回大統領選が行われた2016年には、民主党のオバマ前大統領が指名した判事候補任命のための公聴会開催に上院共和党は抵抗した。だが大統領選まで2カ月を切る今のタイミングで、マコネル上院院内総務は、ギンズバーグ氏の後任の指名承認に上院が動く用意があると明らかにした。

  民主党の大統領候補であるバイデン前副大統領は、上院は後任の承認手続きを11月の大統領・議会選が終わるまで待つべきだと主張。「これは16年に選挙まで約10カ月という段階で上院共和党が取った立場だ。今は選挙まで46日しかない」と訴えた。  

relates to 米最高裁判事後任、早期承認目指す上院共和党-バイデン氏は選挙後主張

エイミー・コニー・バレット氏

写真家:ロバート・フランクリン/サウス・ベンド・トリビューン、AP Photos経由

原題:McConnell Vows Quick Vote on Trump Pick to Fill Ginsburg SeatAmy Coney Barrett Emerges as Frontrunner for Trump Court Pick(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE