コンテンツにスキップする

米ミネアポリス連銀総裁、新たなガイダンスで同じ過ち繰り返す恐れ

  • インフレが最初に2%を上回ってから約1年は利上げすべきでない
  • 新ガイダンスでは再度の性急な利上げを防げない可能性がある

米ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、金融当局が利上げ時期について新たに示したガイダンスは金融政策を再び性急に引き締める可能性を残す内容だと指摘。責務達成へのより強いコミットメントを表す文言に変更すべきだとの見解を示した。

  カシュカリ総裁は18日、ミディアム・ドット・コムに掲載した小論文で、「コアインフレ率が最初に2%を上回ってから約1年間利上げしないというのは、平均インフレ率2%達成のための小幅なオーバーシュートを目指した戦略と整合する」と指摘。「真の意味で最大雇用の状態にあると実証できた時点でのみ利上げを始めるべきだ。利上げ開始のためには、コアインフレが持続的な形で2%を達成ないし上回っている必要があるからだ」と説明した。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)で最も積極的に発言するハト派として知られるカシュカリ総裁は16日、「委員会が判断する最大限の雇用水準と労働市場の環境が整合的になるまで、またインフレが2%に上昇し、一定期間2%を適度に超える軌道に乗るまで」、金利をゼロ付近で維持するとのガイダンスを示すFOMCの決定に反対票を投じた。

  カシュカリ総裁は、FOMCが雇用と物価の目標を達成する前に2015年から18年に利上げしたことで過ちを犯したと考えており、今回の新たなガイダンスにより同じ過ちを繰り返すリスクがあると論じた。

  総裁は「この新たなフォワードガイダンスが当時採用されていれば、利上げ開始時期は2015年12月から17年1月へと、1年余り先延ばしされていた可能性が高い」と指摘。「そうであれば、FOMCの実際の行動よりも良かったことになるが、それでもなお、労働市場についての読み誤りと基調的なインフレが真の意味で目標に回帰したとの誤ったシグナルに基づいて利上げを開始したことになる」と説明した。

関連記事:

原題:Kashkari Says New Fed Plan Could Lead to Repeat of Past Mistakes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE