コンテンツにスキップする

ロンドン証取、イタリア証取売却でユーロネクスト・伊銀との交渉入り

  • ユーロネクストはCDP、インテーザとともに独占交渉に
  • イタリアで証取は戦略的な資産、政府は取り戻すことを目指している

ロンドン証券取引所グループ(LSE)は、イタリア証券取引所売却でユーロネクストおよびイタリアの金融機関2社で構成される連合と独占交渉に入った。イタリア政府は同証取を本国に取り戻すことを目指しており、一歩前進した格好だ。

  LSEがイタリア証取を売却するのは、270億ドル(約2兆8200億円)規模のリフィニティブ買収の実現に必要な当局からの承認を取り付けるためだ。買収案でイタリア証取の評価額は35億-40億ユーロ(約4340億-4960億円)と伝えられている。

  国債売買に利用される取引プラットフォームを運営するMTSを保有しているイタリア証取は、同国では戦略的な資産とみられており、政府は数カ月間にわたり、買収を取りまとめようとしてきた。

  ユーロネクストの発表によれば、同社はイタリア預託貸付公庫(CDP)およびインテーザ・サンパオロとともにLSEと交渉している。

原題:LSE Chooses Euronext, Italian Banks for Milan Bourse Talks (1)(抜粋) 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE