コンテンツにスキップする

ソフトバンク株売り出し、需要2倍超-国内機関と海外投資家に人気

  • 株価は価格決定から上昇、売り出し価格より高い水準で取引
  • 海外引き受けシェアは野村、バンカメ、JPMが20%で同率首位

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

国内通信大手ソフトバンク株の1兆2400億円規模の売り出しで、国内機関投資家と海外からの需要が特に高く、売り出し規模の5倍超になったことが、複数の関係者への取材で分かった。

SoftBank Stores As The Group Heads For Record Loss

ソフトバンクのロゴ(5月15日、都内)

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  主幹事証券の集計によれば、ソフトバンクグループによる同株式の売り出しでは、国内機関投資家と海外からの需要が5倍超、国内個人投資家は売り出しをやや上回る水準で全体では2倍超となった。日本企業による追加売り出しでは、2000年以降で最大規模となる。

  ソフトバンクは14日、売り出し価格を同日終値より3%安い1204.5円に決定していた。同社の株価は翌日以降、3日続伸。18日は前日比下落で取引が始まったが、売り出し価格より5%以上高い水準となっている。

  今回の売り出しのグローバル・コーディネーター(主幹事)は野村証券、大和証券、みずほ証券、メリルリンチ日本証券、JPモルガン証券が務めた。

  主幹事証券関係者によれば、引き受けシェアは国内は野村が35%、大和が30%、みずほが15%、海外は野村とバンク・オブ・アメリカ、JPモルガンが20%だった。ソフトバンクによれば、引受証券会社が受け取る手取り金(フィーに相当)は総額で216億円となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE