コンテンツにスキップする

ゴールドマン、コロナ陽性判明受け一部トレーダーを自宅隔離-関係者

  • 自宅隔離は、陽性となった従業員と直接接触のあった1つのグループ
  • ほとんどの部門で従業員のオフィス復帰を始める計画を進めている

ゴールドマン・サックス・グループは、少なくとも1人の従業員が新型コロナウイルス検査で陽性と判明したことを受け、ニューヨーク・マンハッタンの本社に勤務する一部トレーダーを自宅隔離とした。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報を理由に匿名で語った関係者によると、自宅隔離の対象となったのは陽性が確認された従業員とニューヨークのオフィスで直接接触のあった1つのグループ。 ゴールドマンはほとんどの部門でオフィス復帰を開始する計画を進めており、一部従業員には週替わりローテーションでの出社に備えるよう伝えているという。

  ゴールドマンの広報担当者レスリー・シュリブマン氏は17日の発表文で、「従業員の安全が最優先であり、オフィス復帰を選択した従業員にとってその場所が常に安全であることを確実にするため適切な予防策を講じていく」と説明した。

  事情に詳しい関係者1人によると、ゴールドマンのオフィス内での感染拡大は見られていない。

関連記事
バークレイズのトレーダーら自宅隔離、2人が新型コロナ陽性-報道
JPモルガン、NYの一部従業員を自宅に戻す-1人がコロナ陽性判明

原題:Goldman Sends Some Traders Home After Covid-19 Case in Manhattan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE