コンテンツにスキップする

英、EUとの貿易協議で一部前進-欧州委員長は「合意可能と確信」

  • 漁業や補助金などでは依然「大きな隔たり」と英政府
  • 合意はなお可能だと確信-フォンデアライエン欧州委員長

英政府は17日遅くに出した声明で、欧州連合(EU)と今週行った非公式での貿易協議は「有益」だったとの見方を示した。欧州委員会のフォンデアライエン委員長は英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に対し、通商合意が可能だと「確信している」と述べた。

  英政府は、協議では「幅広い問題をカバーし、一部で限定的な進展があった」と説明。その上で「漁業や補助金を含む主要分野では大きな隔たりが残っている」とした。

European Commission President Ursula von der Leyen Delivers State of the Union Address

欧州議会で演説するフォンデアライエン欧州委員長(16日)

  さらに「主権国家であるという基本的立場を崩すことなく、来週の協議でこれらギャップを埋めるために引き続き尽力する」と説明した。

  一方、フォンデアライエン委員長はFTに対し、EUと英国が締結した離脱協定を一部無効にする法案をジョンソン首相が提出したことは「非常に不愉快な不意打ち」だったとしながらも、今後も貿易協議の合意に焦点を当てるべきだと指摘。「合意はなお可能だと確信している」と述べた。

原題:U.K. Sees Brexit Progress as Von Der Leyen Says Deal Possible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE