コンテンツにスキップする

EUと英国の通商合意は依然可能、欧州委員長が「確信」-FT

  • ポンドは一時下げを解消、フォンデアライエン委員長の発言で
  • EUは英国との通商交渉を停止する計画ないとEU外交官

欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、欧州連合(EU)と英国の通商合意が成立可能だと「今も確信している」と述べたと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が17日報じた。この報道を受け、ポンドは一時下げを解消した。

  フォンデアライエン委員長はFTとのインタビューで、「時間はない」と強調。英政府の「国内市場法案が離脱協定の規定を変更しようとするものである限り、われわれには問題だ」とし、「信頼回復は英国次第だ」と語った。

  これより先、EUの上級外交官はブリュッセルで記者団に対し、EUには英国との通商交渉を停止する計画はないと述べた。

  同上級外交官によると、EUは英国の国内市場法案が議会を通過した場合、EU司法裁判所に提訴するか、交渉は続けるものの英国が離脱合意を履行する確証が得られるまで合意をまとめないという2つの選択肢を検討している。交渉を完全に停止する可能性は低く、現時点では議論されていないという。いずれにしても、EUは英国に法案撤回の期限として設定した9月末までは様子見を続け、その後で決定を下すと語った。

  

原題:
Von Der Leyen ‘Convinced’ EU-U.K. Trade Deal Still Possible: FT(抜粋)

GBP Erases Loss on Report EU Chief Sees Brexit Deal Possibility、EU Has No Plans to Suspend Brexit Talks, Diplomat Says

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE