コンテンツにスキップする

「バーガーキング」中国事業売却も、TFIが10月開始か-関係者

レストラン・ブランズ・インターナショナル傘下で最大のグローバルフランチャイズ 、TABフード・インベストメンツ(TFI)は中国事業の売却を探っている。同事業の資産は12億ドル(約1260億円)超と評価される見通し。事情に詳しい関係者が明らかにした。 

  イスタンブールに本社を置くTFIは「バーガーキング」中国事業の持ち分50%について、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社を含む潜在的な買い手候補の関心を探るためアドバイザーと作業をしており、来月にも売却が始まる可能性がある。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  協議は初期段階で、TFIが売却しない選択をする可能性もあるという。また一時検討していた中国事業の新規株式公開(IPO)計画を復活させることもあり得ると関係者は説明した。

  同社の担当者はブルームバーグ・ニュースの問い合わせに対し、投資家の関心は高まっているが、現時点で進行中の株式売却手続きはないと電子メールでコメントした。

原題:Burger King China Owner Said to Weigh Sale of $1.2 Billion Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE