コンテンツにスキップする

NY原油先物、ドル高で40ドル割れ-原油在庫減少受けた急騰後

原油先物相場はアジア時間17日に1バレル=40ドル割れの水準に反落。前日には米原油在庫の予想外の減少を受けて6月以来最大の大幅高を演じていた。

  ドル相場が上昇する中で、ニューヨーク原油先物は1.3%下落。ドル高はドル建て商品の魅力を低める。16日に発表された政府統計によると、先週の原油在庫は4月以来の水準に減少した。ブルームバーグ調査では、増加が見込まれていた。米連邦公開市場委員会(FOMC)は16日、少なくとも3年間は政策金利をゼロ付近に据え置く方針を示唆し、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は、景気回復の持続性について不透明感を示した。

  石油輸出国機構(OPEC)に非加盟の主要産油国を加えた「OPECプラス」の委員会は17日会合を開き、減産が供給過剰の回避に十分かどうかを議論する。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物10月限はシンガポール時間午後0時15分(日本時間同1時15分)現在、50セント安の1バレル=39.66ドル。16日には4.9%高と、6月5日以来最大の上昇を記録していた。

  

U.S. crude stockpiles unexpectedly decline

原題:
Oil Drops Below $40 With Strong Dollar After Surge on Stockpiles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE