コンテンツにスキップする

マリーナベイ・サンズが送金問題を再調査、法律事務所起用-関係者

  • ダビンダー・シン・チェンバーズが起用されたと関係者
  • 法令順守を監視するため当局と緊密な協力続けている-マリーナベイ

ラスベガス・サンズがシンガポールで展開するカジノ、マリーナベイ・サンズは、顧客資金が無断で送金された問題をあらためて調査するため、法律事務所を起用した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  シンガポール警察が第三者への顧客資金送金を巡り捜査に乗り出したことを受け、シンガポール有数の法律事務所で紛争解決と国際仲裁を専門とするダビンダー・シン・チェンバーズが起用された。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  マリーナベイの顧客1人は昨年、知らない間に他の顧客に910万シンガポール・ドル(約7億円)が送金されたとして、マリーナベイを提訴。カジノ側が顧客に全額返済することで、この訴訟は今年6月に和解で終わった。双方とも法的責任は認めていない。

City Views and General Economy of Singapore as Historic Summit set to Boost Tourism and Consumption

マリーナベイ・サンズ

写真:チョン・ソンジュン/ブルームバーグ

  マリーナベイは発表資料で、顧客資金送金の扱いに関する問題が提起された際、徹底的に問題を検証し、顧客の意図に反して顧客の資金が送金されたことはないと結論付けたと説明。その上で、同社は「あらゆる法的義務のコンプライアンス(法令順守)を監視するため当局と緊密な協力を続けている」とコメントした。

関連記事:

  ダビンダー・シンの担当者はコメントを控えた。シンガポール警察は進行中の捜査についてコメントするのは不適切だとしている。

  関係者によると、マリーナベイと法律事務所ホーガン・ロヴェルズが行った先の調査では、従業員が適切な基準に従っていない事例が発覚。ホーガンの調査対象となった2013-17年に認可書3000通余りが顧客から第三者への資金約14億シンガポール・ドル相当を送金するために使われていたという。

Las Vegas Sands

原題:Adelson Casino Hires Lawyer to Probe $1 Billion in Transfers (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE