コンテンツにスキップする

バイデン氏、コロナワクチンと科学を信じるがトランプ氏は信頼せず

  • ワクチンの安全性を疑問視しているとのトランプ大統領の批判に反論
  • 科学を無視して国民を危険にさらしているとトランプ大統領を批判

米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領は16日、新型コロナウイルスのワクチンを信頼して受け入れるという立場を明確に示すとともに、共和党候補のトランプ大統領は科学を無視することで米国民を危険にさらしていると批判した。トランプ氏はバイデン氏が新型コロナワクチンの安全性を疑問視していると非難していた。

  バイデン氏は専門家から新型コロナに関する説明を受けた後、「はっきりさせておきたい。私はワクチンを信頼するし、科学者も信頼する。だが、ドナルド・トランプ氏は信頼しない」と語った。

  秋冬に向かうにつれて新型コロナの感染拡大が加速すると公衆衛生専門家が警告する中で、バイデン氏は米国民にマスク着用と社会的距離ルールの順守継続を呼び掛けた。また、当選した場合は公共の場でのマスク着用を義務付ける大統領令を発するつもりだと述べた。ただ、州知事にマスク着用を義務化するよう促すことができず、かつ合法と見なせる場合に限ると説明した。

  一方、トランプ大統領は16日夕のホワイトハウスでの会見で、マスクの有効性について、「一長一短だ」と発言。「マスクには問題もある。マスクは非常に優しく慎重に扱わなければならない」と語った。

  トランプ大統領は、政権がワクチン開発を政治問題化し得るとしたバイデン氏の発言は危険だと主張。「反ワクチン説を広めるのをやめるようバイデン氏に要請する。人命を危険にさらす無謀な行為だ」と述べた。

原題:
Biden Embraces Vaccines, Science: ‘I Don’t Trust Donald Trump’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE