コンテンツにスキップする

ゴールドマンCEO、アスペンの豪邸売りに-富裕層の都会離れで好機

  • 世界的に名高いスキーリゾート地にある不動産の価値は推定26億円
  • 新型コロナで都市部富裕層からの関心が高まっているという

世界的に名高いスキーリゾート地、米コロラド州アスペンの不動産市場で、豪邸と33万平方メートル超の敷地を手に入れるチャンスだ。物件の売却を検討しているのは、ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)。

David Solomon

デービッド・ソロモン氏

  事情に詳しい関係者によれば、この不動産の価値は推定約2500万ドル(約26億円)。ソロモン氏はこの夏、複数の買い手候補と話をしたという。

  同氏は2017年にもこの物件を手放そうとしたが、当時は交渉がまとまらなかった。最近は新型コロナウイルス感染拡大を背景に都市生活者からの関心が高まっているという。アスペンの不動産ブローカー、ティム・エスティン氏のリポートによると、同地での一戸建て販売価格は8月、前年比440%上昇した。

  ソロモン氏は代理人を通しコメントを差し控えた。

原題:Goldman CEO Shops His Sprawling Aspen Estate as Rich Flee Cities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE