コンテンツにスキップする

日銀が金融政策の維持決定、景気判断「持ち直し」に上方修正

更新日時
  • 輸出・生産・海外経済の判断を上方修正、設備投資は引き下げ
  • コロナ対応策も継続、必要なら躊躇なく追加緩和

 

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

日本銀行は17日の金融政策決定会合で、長短金利操作付き量的・質的緩和の枠組みによる政策運営方針の維持を賛成多数で決めた。新型コロナウイルス感染症の影響に対応した資金繰り支援策なども継続する。景気は「持ち直しつつある」との認識を示し、判断を上方修正した。3月会合で判断を下方修正して以降で初めての上方修正となる。

  金融政策運営は、現行のマイナス0.1%の短期政策金利と「ゼロ%程度」の長期金利目標を維持し、「現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移することを想定している」とのフォーワードガイダンス(指針)にも変更はなかった。指数連動型上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(J-REIT)、コマーシャルペーパー(CP)・社債の買い入れ方針も据え置いた。

  引き続き、1)新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム、2)国債買い入れやドル資金供給オペなどによる潤沢な資金供給、3)ETFおよびJ-REITの積極的な買い入れ-の3つの柱で「企業等の資金繰り支援と金融市場の安定維持に努めていく」と説明。当面は新型コロナの影響を注視し、「必要があれば、躊躇(ちゅうちょ)なく追加的な金融緩和措置を講じる」方針を改めて表明した。

  ブルームバーグが44人のエコノミストを対象に実施した調査では、9割超が金融政策の現状維持を決めると予想していた。

Bank of Japan Headquarters Ahead of Rate Decisions

日本銀行本店

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  会合では、景気の現状認識について「内外における新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、経済活動が徐々に再開する下で、持ち直しつつある」とし、判断を引き上げた。これまでは「経済活動は徐々に再開しているが、内外で新型コロナウイルス感染症の影響が引き続きみられる下で、極めて厳しい状態にある」としていた。

  内外の経済活動の再開を反映し、海外経済を「持ち直しつつある」、輸出・生産を「持ち直しに転じている」にそれぞれ上方修正。一方、設備投資は「減少傾向にある」に下方修正し、個人消費はこれまでの「持ち直しの動きがみられる」から「全体として徐々に持ち直している」に表現を修正した。

  先行きの景気は「改善基調をたどる」との見方を示したが、世界的に新型コロナの影響が残る中で、「そのペースは緩やかなものにとどまると考えられる」との見通しを改めて示した。

長短金利操作(賛成8反対1)
  • 短期金利:日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス0.1%適用
  • 長期金利:10年物金利がゼロ%程度で推移するよう、上限を設けず必要な金額の長期国債を買い入れ。その際、金利は経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうる
  • 片岡剛士委員が反対
資産買い入れ方針(全員一致)
  • ETFとJ−REIT:保有残高がそれぞれ年間約12兆円、約1800億円相当で増加するペースを上限に、積極的に買い入れ
  • CP・社債:それぞれ約2兆円、約3兆円の残高を維持。加えて2021年3月末までの間、それぞれ7.5兆円の残高を上限に追加の買い入れを行う
フォワードガイダンスとコミットメント
  • 当面、新型コロナウイルス感染症の影響を注視し、必要があれば、躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じる
  • 政策金利については、現在の長短金利の水準、または、それを下回る水準で推移することを想定

  日銀では、新型コロナの帰すうや内外経済に与える影響について「極めて不確実性が大きい」とし、収束までに「金融システムの安定性が維持される下で金融仲介機能が円滑に発揮されるかについても注意が必要」としている。

  米連邦公開市場委員会(FOMC)は、15、16両日に開催した定例会合で金融政策の据え置きを決めたが、米経済回復を支援するため、少なくとも2023年いっぱいはゼロ付近の金利を維持することを示唆した。FOMCを受けて外国為替市場では、一時1ドル=105円割れの水準までドル安・円高が進行した。

  午後3時半に黒田東彦総裁が定例記者会見を行う。決定会合の「主な意見」は9月29日、「議事要旨」は11月4日にそれぞれ公表される予定。

(日銀の発表内容などを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE