コンテンツにスキップする

米安保上の懸念解消されず、オラクルのTikTok提携案-関係者

  • 米政権当局者と両社の協議続く、合意の可能性残ると関係者語る
  • 対米外国投資委、16日も審査する見込みだと関係者
FRANCE-CHINA-TIKTOK-INTERNET-APP
Photographer: JOEL SAGET/AFP
FRANCE-CHINA-TIKTOK-INTERNET-APP
Photographer: JOEL SAGET/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

オラクルとTikTok(ティックトック)米国事業の提携案は、トランプ政権当局者が抱く国家安全保障上の懸念を解消するまでには至っていない。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  トランプ大統領はこの取引を承認する権限を有するが、安全保障当局者の懸念が大統領の判断に影響を及ぼす可能性がある。協議が機密扱いだとしてこれら関係者が匿名で語ったところでは、政権当局者と両社との話し合いは続いており、合意の可能性もなお排除されていない。

  関係者らは、残る問題が対処されれば米政権による承認に道が開く可能性があると語った。

  ムニューシン財務長官は同提携案を検討した。バー司法長官は16日に説明を受け、現在検討していると、同省当局者が語った。事情に詳しい関係者2人によれば、バー長官はオラクル幹部と16日午前に話し合ったという。ポンペオ国務長官は先週、同社担当者と協議している。

  関係者の1人によると、対米外国投資委員会(CFIUS)は前日に続き、16日も同提携案を審査する見込み。

  財務、国務両省の報道官は共にコメントを控えた。バー司法長官がオラクルと協議したかどうかについて、司法省担当者はコメントを避けた。

原題:
Oracle’s TikTok Bid Leaves U.S. Security Concerns Unaddressed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE