コンテンツにスキップする

FOMC、少なくとも3年間は政策金利をゼロ付近で維持と示唆

更新日時
  • 期間平均で2%のインフレ率達成するまで政策据え置きへ
  • 今回の政策決定にはカプラン総裁とカシュカリ総裁が反対
Fed Chair Powell Holds Video News Conference Following FOMC Rate Decision
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
Fed Chair Powell Holds Video News Conference Following FOMC Rate Decision
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は15、16両日に開催した定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置くことを決定した。また新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)からの米経済回復を支援するため、少なくとも2023年いっぱいはゼロ付近の金利を維持することを示唆した。

声明全文はこちらの記事をご覧ください

  会合後に発表した声明でFOMCは、期間平均で2%のインフレ率を達成し、中長期的なインフレ期待が2%でしっかりとどまり続けるまで、「緩和的な金融政策スタンスを維持する方針だ」と表明した。

The Fed's New Dot Plot

  今回の声明は、金融当局が新たに定めた長期的な政策枠組みを反映している。新たな枠組みでは、インフレ率の2%目標未達が長期間続いていることを踏まえて、目標のオーバーシュートを容認する。この戦略シフトは、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が8月に明らかにした

  パウエル議長は16日の記者会見で、「これは極めて強力かつ効果的なガイダンスであり、当局の自信と決意の両方を表している」と説明。「われわれは目標達成、そしてオーバーシュートに強くコミットしている」と表明した。

  政策決定は賛成8、反対2だった。反対票を投じたのはダラス連銀のカプラン総裁とミネアポリス連銀のカシュカリ総裁。カプラン総裁は、「政策金利のより大きな柔軟性」の保持が望ましいと主張。カシュカリ総裁は、「コアインフレが持続的な形で2%に達する」まで利上げを待つべきだと表明した。今回のFOMC会合は、11月3日の大統領選挙の前では最後の会合となった。

記者団の質問に答えるパウエルFRB議長

出所: Bloomberg

  パウエル議長をはじめ金融当局者らはここ数週間、米国の景気回復は新型コロナをしっかりコントロールできるかどうかに大きく左右されると強調してきた。また雇用と所得を支援するために、財政による追加の刺激策が必要になりそうだとも指摘している。

  FOMCは今回、景気回復を支援するためにあらゆる手段を講じる姿勢を示した。FOMCは、「市場の円滑な機能を維持するため、少なくとも現行ペースで」米国債と住宅ローン担保証券の購入を継続すると再表明。別に発表した声明には、購入規模は米国債が月額800億ドル(約8兆4000億円)、住宅ローン担保証券が同400億ドルと説明されている。

  同時に公表された四半期ごとの経済予測では、政策金利について中央値で2023年いっぱい超低水準で据え置かれると予想。ただ4人は23年中に少なくとも1回の利上げがあるとの見通しを示した。

  このほか、今年の経済縮小の度合いは従来予想より小幅になると見込むが、来年以降数年の回復ペースは従来予想より鈍い成長を想定している。

  FOMC参加者による経済予測の詳細は表をご覧ください。

  パウエル議長は「景気回復は大方の予想より速いペースで進んできている」としつつ、「今後の道筋は依然極めて不透明だ」と述べた。

  議長はまた、新型コロナ危機の初期に講じられた財政措置は大きな助けになったとしつつ、追加対策が恐らく必要だとの認識を示した。

  議長は「景気回復の継続を予想する民間の分析は、その大多数が財政による大規模な追加支援があると想定している」と指摘。約1100万人の米国民が依然失業中で、追加支援を必要としていることへの留意を促した。

原題:Fed Signals Rates to Stay Near Zero for at Least Three Years (3)(抜粋)

(パウエル議長の発言を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE