コンテンツにスキップする

米スノーフレイク、上場初日に株価急伸-時価総額700億ドル超える

  • スノーフレイク株の初値は245ドルと、IPO価格の2倍余り
  • スノーフレイクの時価総額はウーバー、デル、GMを上回る

16日にニューヨーク証券取引所に上場した米スノーフレイクの株価は、取引初日に急伸。創業8年の同社の時価総額は700億ドル(約7兆3500億円)を超えた。

  クラウド技術を活用したビッグデータの保管・分析サービスを提供するスノーフレイクの新規株式公開(IPO)の規模は33億6000万ドルと、ソフトウエア企業としては過去最大を記録し、米国では今年最大となった。同社の株価は一時166%高まで上げ、社内やシリコンバレーの関係者に大きな利益をもたらした。

米スノーフレイクがIPO、シリコンバレー著名人に巨額の利益

  スノーフレイク株の初値は245ドルと、IPO価格の2倍余りとなった。IPO価格に対する初値の上昇率は104%と、米取引所での10億ドル以上のIPOとしては過去3番目の大きさとなった。

  スノーフレイク株は一時319ドルちょうどまで値上がりした後、112%高の253.93ドルで引けた。ブルームバーグ集計のデータによると、同社の時価総額はウーバー・テクノロジーズとデル・テクノロージーズ、ゼネラル・モーターズ(GM)を上回っている。

原題:Snowflake Soars Into Tech Big Leagues With $70 Billion Value (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE