コンテンツにスキップする

新型コロナワクチン、4月前に全国民に行き渡る可能性も-米当局者

新型コロナウイルスのワクチンは来年4月より前に全ての米国民に行き渡ることが可能になりそうだと、トランプ政権の高官がインタビューで語った。

  米厚生省幹部のポール・マンゴー氏は16日、米国では11月ないし12月に1つ以上のワクチンが承認される可能性が高いとしつつ、10月の承認もあり得ると述べた。

  マンゴー氏は「十分な投与量を確保する契約を結んでいる」としたほか、現時点で複数の臨床試験に目を向けており、米食品医薬品局(FDA)が年内に承認すると考えていると言明。「この2点により、全ての米国民が2021年第1四半期末より前にワクチンを接種できるようになる」と語った。

原題:All Americans May Get Covid Vaccine by April, HHS Official Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE