, コンテンツにスキップする

銀行が人員削減を再開、今年これまでで6万人突破-昨年上回る公算大

銀行は新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)に伴い一時停止していた人員削減を再開し、今年の人員減少数は5年で最大となる見込みだ。

  シティグループHSBCホールディングスが削減を再開したことで、今年これまでに発表された削減数は合計で6万3785人に達した。ブルームバーグが資料を分析した。これにより、今年通年では昨年発表された約8万人を超える方向。昨年の数は2015年以来で最大だった。

Shrinking Lenders

Bank job cuts announced in 2020 are on course to top last year's level

Source: Company filings, labor unions

Note: Data as of Sept. 16, 2020

Many of the world's largest banks paused job cuts during the pandemic

  欧州、北米、アジア、アフリカの銀行30行以上で、人員削減が計画より遅れている。銀行はパンデミック(感染の世界的大流行)の中での貸し倒れ増加や規制強化への対応およびデジタル化投資の費用を理由にコスト削減が必要と説明している。

  2014年初め以降に発表された削減数は、現時点で約50万人に上っている。

Continental Cuts

European banks have disclosed the higher number of job losses this year

Source: Company filings, labor unions

Note: Data as of Sept. 16, 2020

原題:Bank Job-Cull Returns With Cuts Topping 60,000 in 2020 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE