コンテンツにスキップする

日経平均ローソク足は7日連続の陽線、ご祝儀相場と景気敏感株選好で

陽線は7日連続

日経平均株価は16日、ローソク足チャートで7日連続の陽線(終値が始値を上回る)になった。コロナからの経済回復期待から相場が上向いた5月下旬以来となる。岡三アセットマネジメントの前野達志シニアストラテジストは、菅新政権誕生を見据えたご祝儀相場だった上、米国中心に成長株が調整する中で日本の景気敏感株に資金が流れやすくなっていたと説明した。今後は衆院解散総選挙なら不透明感が強まるとしながら、アベノミクス進化の期待から経済見通しがしっかりしてくれば、緩やかな上昇を見込めるだろうと話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE