コンテンツにスキップする

中国の汽車之家が香港への重複上場を計画、1050億円規模-関係者

  • 汽車之家(オートホーム)はすでにNYに上場している
  • 汽車之家株、年初来で15.1%上昇-時価総額は約110億ドル

中国で自動車販売のウェブサイトを運営する汽車之家(オートホーム)が香港への重複上場を計画している。事情に詳しい関係者が明らかにした。香港での株式公開は約10億ドル(約1050億円)規模となる可能性がある。

  すでにニューヨークに上場している汽車之家は香港での株式公開について複数のアドバイザーと作業をしていると関係者は説明。香港上場は来年の早い時期になる可能性があると、非公開情報だとして関係者の1人が匿名を条件に語った。

  関係者によれば、香港上場に関する協議は初期段階で規模や日程を含む詳細はまだ変更し得る。汽車之家の担当者はコメント要請にすぐには応じなかった。

  北京に本社を置く汽車之家の株価は年初来で15.1%上昇し、時価総額が約110億ドルに膨らんだ。

  汽車之家のウェブサイトによれば、ディーラーやメーカーは同社のウェブサイトを通じ自動車を販売するほか、同社は中古車販売のオンライン市場を提供している。米国での新規株式公開(IPO)では約1億5300万ドルを集めた。汽車之家の筆頭株主は中国平安保険(集団)で持ち株比率は54.2%。

原題:Autohome Is Said to Plan $1 Billion Hong Kong Second Listing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE