コンテンツにスキップする

フェデックス株、時間外で上昇-電子商取引の需要増が利益押し上げ

  • 6-8月期の調整後1株利益4.87ドル、市場予想レンジ上限上回る
  • 売上高は13%増、陸送部門の伸びが寄与-航空貨物部門も増収

15日の米株式市場時間外取引で、米フェデックスの株価が上昇。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う電子商取引需要の高まりが価格決定力と利益を押し上げた。

  フェデックスが同日発表した6-8月(第1四半期)決算で、調整後1株利益は4.87ドルと、市場予想レンジ上限を上回った。アナリストの予想平均は2.69ドルだった。総売上高は前年同期比13%増の193億ドル(約2兆円)。アナリスト予想では175億5000万ドルが見込まれていた。

  陸上輸送部門の売上高は36%増の70億ドル。同部門の営業利益率は11.8%と1年ぶり高水準。航空貨物部門も7.8%の増収となった。営業利益率は7.4%と2倍余りに上昇し、価格決定力の向上を示唆。

Shares soar on pricing power, e-commerce volume

  フェデックス株は通常取引終了後の時間外取引で、一時7.8%高。15日終値時点の年初来上昇率は57%と、米同業ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS、38%)とS&P500種株価指数(5.3%)をいずれも上回っている。

原題:FedEx Flexes Price Muscle on E-Commerce Gain, Igniting Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE