コンテンツにスキップする

TikTokやファーウェイに対し欧米が「いじめ」-中国駐EU大使

  • 張明駐EU大使がブルームバーグTVとのインタビューで発言
  • 5G巡るファーウェイ排除、基準は不明-張大使

短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に安全保障上の理由で事業売却を強制した米国の行為は「経済的ないじめ」だと、中国政府高官が非難した。華為技術(ファーウェイ)の事業展開に制限を加えた欧州連合(EU)も批判し、欧米側から不公平な扱いを受けているとの中国政府の主張を代弁した。

  中国の張明駐EU大使はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「ティックトックに対して米国で行われたことは、典型的な強制収用だ」と指摘。「米国の政治家の一部は、公平さと互恵主義その他を言い訳にしつつ、『クリーンネットワーク』なるものを構築しようとしている。これは経済的ないじめに他ならない」と述べた。

中国の張明駐EU大使が語る

Source: Bloomberg)

  さらに、国家安全保障上の理由で欧州と米国の市場から中国企業が締め出されたのは何も具体的な証拠に基づいていないと発言。第5世代(5G)移動通信網の基幹部分からのファーウェイなど中国企業の排除は正当化されないと主張し、「高リスクサプライヤーに分類される基準は誰も知らない」と同大使は語った。

原題:China Says ‘Bullying’ Over TikTok, Huawei Against Western Ideals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE