コンテンツにスキップする

日本株反発、想定以上の景気回復好感や新内閣に期待-情報通信高い

更新日時
  • NY連銀製造業景況指数は予想以上の回復、為替の円高推移は重し
  • きょう臨時国会が召集され、首相指名選挙で新首相を選出

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

16日の東京株式相場は反発。ドル円相場が1ドル=105円台の前半にさしかかっていることが重しとなり小幅安で取引を開始したが、米国や欧州の経済指標の予想以上の回復や新内閣への期待が相場を支えた。米国市場でナスダック銘柄に資金が戻ってきた流れを受けて情報・通信や医薬品が買われ、自動車株や銀行株は下落した。

  • TOPIXの終値は前日比3.51ポイント(0.2%)高の1644.35
  • 日経平均株価は20円64銭(0.1%)高の2万3475円53銭

<きょうのポイント>

  • NY連銀製造業景況指数、9月は予想上回る伸び-出荷や受注改善
  • ドイツZEW指数、9月は期待指数が予想外に上昇-現状も改善
  • ドル円相場は1ドル=105円30銭台で推移
  • きょう米連邦公開市場委員会(FOMC)最終日
    • 声明と経済予測の発表、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見が行われる

  大和証券投資情報部の石黒英之シニアストラテジストは、NY連銀製造業景況指数を見ても受注は前月のマイナスから大きく改善し、「製造業の活動がしっかり戻っていることが確認できた」と話す。世界景気の想定以上の回復が着実に進んでいることと新内閣への期待が日本株にポジティブに働くとの見方だ。

  日経平均は7日連続で終値が始値を上回って終了している。石黒氏は、もっと売りに押されてもおかしくはないが、「取引時間中に買いが入り、下値で買いの意欲が強いマーケット環境を示している」と述べた。

  三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは足下で円高が進んでいることが日本株に重しになっているが、FOMC前で極端な動きにはならず日本株も急激な下落にはならないとみている。

  • 東証33業種では情報・通信、医薬品、食料品、小売り、精密機器が上昇
  • 空運、ゴム製品、海運、銀行、輸送用機器が下落
反発
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE