コンテンツにスキップする

米国、カナダ産アルミの追加関税撤廃-カナダも対抗措置取り下げへ

米政府は15日、カナダ製アルミニウムの一部に課していた追加関税を撤廃すると発表した。

  米国は先月、輸入量の「急増」を理由にカナダ産の非合金・未加工アルミに10%の追加関税を適用していた。

  カナダはこの日、同等の対米報復措置を発表するとみられていた。米国側の追加関税撤廃を受け、カナダ政府当局者2人は対抗措置を取り下げる意向を確認した。

  米通商代表部(USTR)は追加関税撤廃を発表したが、カナダ産の非合金・未加工アルミの出荷量が9月と11月には8万3000トン、10月と12月は7万トンを超えないことを「期待する」とも表明。事実上の輸入割り当てを示唆した格好だ。カナダはまだ数量制限については約束していない。

Century Aluminum shares drop after U.S. lifts tariffs on Canadian supply

原題:
U.S. Removes Canada Aluminum Tariffs Amid Retaliation Threat (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE