コンテンツにスキップする

アップル、定額制パッケージ「アップルワン」発表-月14.95ドル

更新日時
  • 動画や音楽、ゲーム、ストレージ容量追加を個別契約より安く提供
  • 「アップルウオッチ」と「iPad Air」の新モデルなども発表
Apple One pricing is displayed during a virtual product launch seen on a laptop computer in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Tuesday, Sept. 15, 2020. 

Apple One pricing is displayed during a virtual product launch seen on a laptop computer in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Tuesday, Sept. 15, 2020. 

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
Apple One pricing is displayed during a virtual product launch seen on a laptop computer in Tiskilwa, Illinois, U.S., on Tuesday, Sept. 15, 2020. 
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アップルは15日、複数のサブスクリプション(定額制)サービスをまとめた「アップルワン」を発表した。サービス収入の増加を後押しするとウォール街が期待している待望の包括サービスだ。

  同日のオンラインイベントでの発表によれば、アップルワンではアップルミュージックとアップルTV+(プラス)、iCloud(アイクラウド)のストレージ容量追加を含む複数のサービスを個々の契約の合計より安い料金で提供する。

アップルは定額制サービスのパッケージ「アップルワン」を発表

Source: Apple) (Source: Bloomberg)

  アップルミュージックと定額制ゲームサービスのアップルアーケード、アップルTV+とiCloudのストレージ容量50ギガバイトなどを含む個人プランは月額14.95ドル。このファミリー向けプランは同19.95ドル。プレミアプランは29.95ドルで、アップル・ニュース+とアップル・フィットネス+、iCloudのストレージ容量2テラバイトが追加される。

  発表資料によると、標準の月額料金を基にすると、個人プランで6ドル余り、ファミリープランで8ドル強、プレミアプランで25ドル余りの節約になるという。

  毎年恒例の秋の新製品イベントではアップルワンのほか、スマートウオッチ「アップルウオッチ」とタブレット「iPad Air(アイパッド・エア)」の新モデルなども発表された。「iPhone(アイフォーン)」の第5世代(5G)移動通信システム対応モデルは今後発表される見通し。

  ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダン・アイブス氏は投資家向けリポートで、「市場の注目は依然、10月の早い時期からスタートが見込まれる5G対応のアイフォーン12のスーパーサイクルだが、アップルウオッチとアイパッド・エアの新モデル、定額制サービスのパッケージは、2021年度以降に同社が成功するための重要な要素だ」と指摘。サービスパッケージでサービス収入は年5-7%増加すると予測した。

  アマゾン・ドット・コムは配送料無料と動画ストリーミングなど多くのサービスをまとめた月額や年額の「プライム」プログラムで会員を集めており、アップルも今回のサービスパッケージで、プライムと同様に会員の顧客忠誠心獲得を目指す。

原題:Apple Debuts Subscription Bundles, Its Twist on Amazon Prime (1) (抜粋)

(アナリストのコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE