コンテンツにスキップする

菅内閣発足へ、加藤官房長官が閣僚名簿を発表:タイムライン

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

第99代首相に就任する自民党の菅義偉総裁は16日午後、新政権の閣僚人事を決めた。官房長官に加藤勝信氏を起用したほか、麻生太郎副総理兼財務相らを再任した。

  新内閣では将来の総裁候補とされる河野太郎防衛相を行政改革担当相に充て、小泉進次郎環境相を続投させた。安倍晋三首相実弟の岸信夫衆院議員は防衛相として初入閣、デジタル改革担当には平井卓也元IT担当相が再入閣した。

  菅氏は皇居での首相任命式を経て正式に就任した後、午後9時から首相として初めての記者会見を行う予定。 

菅内閣の顔触れ
副総理兼財務 麻生太郎(再任)▽総務 武田良太▽法務 上川陽子(再入閣)▽外務 茂木敏充(再任)▽文部科学 萩生田光一(再任)▽厚生労働 田村憲久(再入閣)▽農林水産 野上浩太郎▽経済産業 梶山弘志(再任)▽国土交通 赤羽一嘉(公明党、再任)▽環境 小泉進次郎(再任)▽防衛 岸信夫▽官房長官 加藤勝信▽復興 平沢勝栄▽国家公安 小此木八郎(再入閣)▽行政改革 河野太郎▽一億総活躍 坂本哲志▽経済再生 西村康稔(再任)▽デジタル改革 平井卓也(再入閣)▽五輪 橋本聖子(再任)▽万博 井上信治

  菅氏は安倍政権が進めた金融緩和などを柱とするアベノミクスや日米同盟を基軸とする外交政策などを継承する方針だ。当面の課題としては新型コロナウイルス対策のほか、総裁選で公約したデジタル庁の創設や携帯電話料金の引き下げなどに取り組む。

  15日の総務会では「役所の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打破して規制改革を進めて国民のために働く内閣を作っていきたい」との考えを示した。

Japan's LDP Lawmakers Vote For Leader

菅義偉総裁

閣僚名簿発表(午後3時47分)

  加藤官房長官は閣僚名簿発表の記者会見で、「誠心誠意努力したい」と述べた。

立憲・福山氏「野党が塊となり、対立軸を」(午後2時30分)

 立憲民主党の福山哲郎幹事長はNHKの番組で、来年10月までの衆院選に向けて選挙準備を進める考えを示した。野党が塊となって、社会のあり方や新型コロナウイルス対策、経済などについてしっかりとした「対立軸と分かりやすい理念、政策」を提示していくと語った。

二階氏「いつ解散があっても対応できるよう準備」(午後2時21分)

  自民党の二階俊博幹事長はNHKの番組に出演し、衆院解散・総選挙のタイミングは「首相自身が熟慮して判断すればいい」と述べた上で、「いつ解散があっても対応できるように準備を整えている。明日からでもけっこうだ」と語った。

政治評論家・田村氏、縦割り打破目指した「政策実現内閣」

  元自民党職員で政治評論家の田村重信氏は新内閣は「デジタル分野に一番詳しい平井氏を担当相、縦割り打破には河野氏を行革担当相に任命したのが目玉だ」と指摘。菅氏が自らの政策を進めるための「政策実現内閣」と位置付けた。解散・総選挙にも備え、河野氏に加え、小泉氏を選挙の顔として閣内に残したと分析。茂木外相の再任は「安倍政権との継続性を国際社会に示すためだ」との見方も示した。

衆院本会議で首相に指名(午後1時45分)

  菅氏は自民党総裁選に出馬表明した2日と同様の青いネクタイ。大島理森議長から首相指名を受けると立ち上がり、同僚議員からの拍手を浴びる中、周囲に何度も頭を下げた。

安倍内閣が総辞職(午前9時すぎ)

  安倍内閣は臨時閣議で総辞職を決定した。安倍首相は約7年8カ月を振り返り、「経済再生、国益を守るための外交に一日、一日、全力を尽くしてきた。さまざまな課題に国民と共にチャレンジすることができたことは私の誇りだ」と記者団に語った。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE