コンテンツにスキップする

衆院解散は重大な政治問題、首相自身が判断すること-二階自民幹事長

自民党の二階俊博幹事長は15日午後の記者会見で、衆院の早期解散論について問われ、「首相自身が判断されることだから、特に意見を申し上げることない」と述べた。

  その上で、「解散ということは重大な政治問題」であり、菅義偉総裁とも「十分、日常から意見を交わしながら円満な党運営に腐心していきたい」と語った。

  総務会では、二階氏の再任など党役員人事を決定した。

新4役
幹事長二階俊博(再任)
総務会長佐藤勉
政調会長下村博文
選挙対策委員長山口泰明

  菅総裁は16日の衆参両院本会議で首相に指名された後、直ちに組閣に着手する。共同通信によると、菅氏は官房長官に加藤勝信厚生労働相を起用する方向で調整を始めたほか、麻生太郎副総理兼財務相、茂木敏充外相らを再任する意向を固めた。

Japan's PM Shinzo Abe Speaks at The Liberal Democratic Party's Annual Convention

二階俊博幹事長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE