コンテンツにスキップする

米国、香港への渡航警戒レベル引き上げ-国安法の下で中国が「強権」

  • 米国務省、上から2番目のレベル3「渡航を再検討」に
  • 従来は1段階低いレベル2「さらなる注意」だった

米国務省は14日、香港国家安全維持法(国安法)施行後の中国の強権行使を理由に香港への渡航警戒レベルを4段階の上から2番目であるレベル3の「渡航を再検討」に引き上げた。従来はレベル2の「さらなる注意」だった。

  国務省はウェブサイトで、「7月1日の国安法施行以来、中国は香港での政策と治安の権力を一方的かつ恣意(しい)的に行使している」と指摘。「米国民に対し、周囲の状況に注意を払い、デモを避けるよう強く警告する」とした。

原題:
U.S. Updates Hong Kong Travel Advisory Over China’s Security Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE