コンテンツにスキップする

アストラゼネカのコロナワクチン米試験は中断続く、調査継続で-報道

  • 英被験者1人の深刻な副作用を米当局が調査している間は中断
  • 6日に治験を一時停止したが、英国では12日に試験を再開

英製薬会社アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン候補は、英国の被験者1人に生じた深刻な副作用を米当局が調査している間、同国での臨床試験が中断したままになる。ロイター通信が14日報じた

  同社とオックスフォード大学は6日に治験を一時停止したが、12日に英国での試験を再開した。治験中断は安全性データを巡る独立した調査がきっかけだったが、英医薬品庁(MHRA)が試験の再開を勧告した。

アストラゼネカ、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を英で再開

  ただ米国では、食品医薬品局(FDA)や独立した安全性委員会の調査が行われている間、試験の新たな登録や他の試験手続きが中断したままになると、ロイターが匿名の関係者を引用して伝えた。

  アストラゼネカとFDAはコメントを求める要請に現時点で応じていない。

  このワクチン候補は最も早く実用化されるコロナワクチンの1つになる可能性が高いと考えられている。

  14日の米株式市場でアストラゼネカの米国預託証券(ADR)は0.5%高で終了した。

原題:
AstraZeneca Trial on Hold Pending U.S. Scrutiny, Reuters Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE