コンテンツにスキップする

【欧州市況】小幅高、M&Aやワクチン開発で-ドイツ債ほぼ変わらず

14日の欧州株は小幅高。積極的なM&A(買収・合併)や新型コロナウイルスのワクチン開発が進展の兆しを見せたことで投資家のセンチメントが押し上げられた。

  ストックス欧州600指数は0.2%高。一時は200日移動平均を試す展開だった。原油価格が下落し、エネルギー株は売られた。

  今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)やイングランド銀行(英中央銀行)による政策判断の発表など、相場に影響を与える材料が多くあることから、週初は慎重な動きだった。

European stocks keep trading in a tight range

  欧州債市場ではドイツ債とイタリア債が上げを削った。両国債の先物取引は薄商いだった。中核国債の利回り曲線は若干スティープ化した。

  ドイツ債、イタリア債はいずれもほぼ変わらずで取引を終えた。

  英国債は11日の利回り曲線フラット化の流れが続いたが、利回りは17日のイングランド銀の発表を控えて上昇した。短期金融市場は引き続き、来年2月の10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利下げを織り込んでいる。

  ドイツ10年債利回りはマイナス0.48%で変わらず。フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.20%、イタリア10年債利回りは1bp低下して1.02%。

原題:Europe Stocks Edge Higher on Renewed Vaccine Optimism, M&A Boom(抜粋)

Bunds, Italian Bonds Little Changed; End-of-Day Curves, Spreads (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE