コンテンツにスキップする

クオンツ相次ぎ警告、ナスダック急落でアジアのモメンタム株にリスク

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

アジア株の力強い上昇に賭けてかなりの値上がりを享受できた日々は、恐らく終わりに近づきつつある。

  マッコーリー・グループやサンフォード・C・バーンスタイン、モルガン・スタンレーのクオンツアナリストは、こうしたモメンタム株に対して投資家は慎重であるべきだと指摘した。MSCIアジア(除く日本)モメンタム指数は新型コロナウイルスの感染が拡大した3月の安値から一時、70%余り上昇。ナスダック100指数の上昇率を上回った。

  マッコーリーのアジア太平洋クオンツ戦略責任者、ジョン・コノモス氏は取材に対して14日、「ナスダックの急落がアジア株のリターン、特にモメンタム株に波及する可能性は十二分にある」と電子メールで答えた。

  ナスダック100指数が今月に入り先週末までに8%余り下落したことで、バリュエーションが高いテクノロジー株が株式相場の反発を引き続き主導するかどうかについて疑念が再燃した。

  サンフォード・C・バーンスタインのクオンツストラテジスト、ルパル・アガルワル氏は「センチメントは間違いなくモメンタムにとって悪い方に変わりつつある」とインタビューで指摘。テクノロジーへのエクスポージャーを維持したい投資家は、サムスン電子やSKハイニックス、聯華電子(UMC)などの割安な銘柄にシフトした方がよいと述べた。

Asian momentum stocks ex-Japan beat Nasdaq 100 since March lows

原題:
Quants Flag Risks From Nasdaq Drop for Asia Momentum Stocks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE