コンテンツにスキップする

OPECが原油需要見通し下方修正、需要低迷や米シェールの回復で

  • 2021年の需要見通しを日量110万バレル下方修正
  • OPECプラス、17日にオンライン形式で会合を開催

石油輸出国機構(OPEC)は14日、世界の石油見通しを下方修正した。需要低迷に加え、米国産シェールの供給に回復の兆しが見られることが背景だ。OPECに非加盟の主要産油国を加えた「OPECプラス」は今週、会合を開く。

  OPECのアナリストは来年のOPEC産原油への需要見通しを日量110万バレル引き下げて、同2820万バレルとした。この一方で、OPECプラスは8月から減産規模の縮小に入っており、OPECは同月に日量76万バレルの原油を増産した。

  OPECプラスは17日にオンライン形式の会合を開き、新型コロナウイルスの感染再拡大が世界経済に打撃を及ぼす中で、これまでのOPECプラスによる大規模な減産が供給過剰を解消するのになお十分かどうかについて協議する。

  原油価格はロンドン取引時間に一時、バレル当たり40ドルを下回り、約2カ月ぶり安値に迫った。

  OPECプラスは新型コロナ感染拡大の悪化を受けて大規模な減産を実施していたが、経済活動の回復が見込めるとして、8月からの減産縮小に合意した。

原題:OPEC Sees Weaker Oil Outlook as Demand Falters, Shale Recovers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE