コンテンツにスキップする

リライアンス小売り部門への投資、ソフトバンクGは順番待ち-関係者

  • ソフトバンクは最近になりリライアンス・リテールへの関心示す
  • 既に他社と交渉が進んでいるためソフトバンクGなど複数が順番待ち

インドの複合企業リライアンス・インダストリーズの小売り事業に対する投資家の出資意欲が非常に旺盛なことから、カーライル・グループやソフトバンクグループなど、出資を希望する企業の一部は交渉に入れず順番待ちをしている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、カーライルとソフトバンクGは最近になって小売り部門リライアンス・リテール・ベンチャーズへの投資に関心を示した。リライアンス・インダストリーズは既に他の投資家らとの交渉が進んだ状態にあるため、両社に待つように求めたという。

  リライアンス、カーライル、ソフトバンクGの担当者はいずれもコメントを控えた。

関連記事
リライアンス、小売り部門持ち分の一部売却をアマゾンに提案-関係者
KKRが印リライアンス・リテールへの出資で交渉進展-関係者
グーグル、印リライアンスのデジタル部門に約4800億円投資へ (1)

原題:Ambani Said to Put Carlyle, SoftBank on Hold for Retail Stakes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE