コンテンツにスキップする

石油市場の数カ月後、今より悪い可能性-トラフィグラ

  • 「年末に向け原油在庫が積み上がると見込んでいる」-ルコック氏
  • アジア太平洋石油会議がバーチャル形式で始まった

石油市場が再び供給過剰に陥りつつあると独立系エネルギー商社のトラフィグラ・グループは予想している。需要回復が滞っているとの見方だ。

  同社の石油取引共同責任者ベン・ルコック氏は「年末に向け原油在庫が積み上がると見込んでいる」と述べ、北海ブレント原油は1バレル=30ドル台後半への値下がりを想定していると明らかにした。

  ルコック氏らが参加し、石油取引業界にとって世界最大級の年次会合、アジア太平洋石油会議(APPEC)がバーチャル形式で始まった。

Widening contangoes show concern about over-supply rising

  ルコック氏はオンラインスピーチに先立つインタビューで、「この市場は今より数カ月後が悪くなりそうだ。石油価格下落が当然だと思う」と語った。

原題:Trafigura Sees Oil Market Getting Worse Before It Gets Better(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE